FSAの活動

  • HOME
  • FSAの活動
  • FSAの活動一覧
  • 【定例勉強会】重症心不全患者に対する心臓リハビリテーションup to date - 症例を通して学ぶ循環器理学療法戦略 -

【定例勉強会】重症心不全患者に対する心臓リハビリテーションup to date - 症例を通して学ぶ循環器理学療法戦略 -

定例勉強会 2021.08.27(金)

時間:19時30分~21時30分(受付開始19時00分~)

講師: 根津 智之 氏(九州大学病院)


【定例勉強会×Restaコラボ研修会】
循環器疾患に対する理学療法

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、Webセミナーにて開催することとなりました。お申込みの前にはページ最下部の【連絡・注意事項】を必ずご一読ください。
 

<勉強会概要>
8月と9月のFSA定例勉強会は、「循環器疾患」の理学療法を大きなテーマとして取り組みます。循環器疾患の理学療法は、多くの種類のデバイスを用いた治療に平行して理学療法を提供する場合が多く、専門的な知識を必要とすることも少なくありません。また、年々進歩する治療機器や治療技術に対して、理学療法士も情報を日々アップデートしていかなければなりません。さらに、昨今の理学療法の治療対象は一つの疾患に留まらす、複数の疾患を同時に抱えながら、十分なリスク管理を行い積極的なリハビリテーションを提供することも求められるようになりました。

そこで、8月の勉強会では、最先端な治療の一つである補助人工心臓による治療が可能である九州大学病院で理学療法士として活躍していらっしゃる根津智之先生に、重症心不全患者のリハビリテーションについてご講演頂きます。

さらに9月の勉強会では、3名の先生に心不全と他疾患の重複障害を抱える症例をご提示頂き、心不全に対するリスク管理を図りながら、他疾患(他の障害)に対する積極的なリハビリテーションの進め方について参加者の皆様と共有したいと考えています。

本勉強会を通して最新治療に関する知識をアップデートし、日常の臨床で関わることの多い重複障害への理学療法について学びを深めましょう。

NPO法人FSA 定例勉強会代表
山口 雄介


8月のテーマ
『重症心不全患者に対する心臓リハビリテーション up to date- 症例を通して学ぶ循環器理学療法戦略 -』

<講師からのメッセージ>
心臓移植適応であるStage D(内科的治療抵抗性)の重症心不全に対する治療手段として植込型補助人工心臓(LVAD)が普及しつつあります。本邦において2011年の保険償還後、LVAD患者は増加の一途を辿ると同時に、心臓移植待機日数は長期化している現状です。LVAD装着の目的は心臓移植適応有無に関わらず、社会復帰や良好なQOL獲得であり、心臓リハビリテーションの重要性がより一層増しています。本セミナーではLVAD装着患者を含めた重症心不全患者に対して知っておくべき最新の知見をお伝えし、受講される皆さんと一緒に循環器理学療法戦略について考えていきたいと思います。


 
開催方法 参加費 PT協会ポイント 定員 申込期限
Webセミナー
(Zoomを使用)
500円
(クレジット決済または振り込み)
なし 90名
(先着順)
8月20日(金)
 
【連絡・注意事項】
①Webセミナーの開催に伴い、会費のお支払いを「クレジットカード決済」もしくは「口座振込」に変更させて頂きます。詳細は申し込み後にお送りするメールをご覧ください。
②ご参加にはWeb環境が必要となりますので、Webに接続可能な環境でのご参加をお願いします。
③Webの参加に必要なID・パスワードは、参加費のお支払いの確認後、研修会前日までにメールにてお送り致します。
④当会からのメールを確実に受信して頂くために、予めドメインの設定等の解除のうえ、
fsa_reha@yahoo.co.jp
resta_fukuoka@yahoo.co.jp

両方ともにメール受信が可能となるよう設定のうえ、お申込みをお願いします。
⑤一つのお申込みにつき、必ずお一人でのご視聴をお願いします。
⑥当日の視聴者側での問題等(Web環境など)によりご視聴できない場合の返金は出来兼ねますので、予めご了承ください。
⑦Webセミナー画面の録画等はお控え頂きますよう、宜しくお願いします。
【定例勉強会×Restaコラボ研修会】
循環器疾患に対する理学療法

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、Webセミナーにて開催することとなりました。お申込みの前にはページ最下部の【連絡・注意事項】を必ずご一読ください。
 

<勉強会概要>
8月と9月のFSA定例勉強会は、「循環器疾患」の理学療法を大きなテーマとして取り組みます。循環器疾患の理学療法は、多くの種類のデバイスを用いた治療に平行して理学療法を提供する場合が多く、専門的な知識を必要とすることも少なくありません。また、年々進歩する治療機器や治療技術に対して、理学療法士も情報を日々アップデートしていかなければなりません。さらに、昨今の理学療法の治療対象は一つの疾患に留まらす、複数の疾患を同時に抱えながら、十分なリスク管理を行い積極的なリハビリテーションを提供することも求められるようになりました。

そこで、8月の勉強会では、最先端な治療の一つである補助人工心臓による治療が可能である九州大学病院で理学療法士として活躍していらっしゃる根津智之先生に、重症心不全患者のリハビリテーションについてご講演頂きます。

さらに9月の勉強会では、3名の先生に心不全と他疾患の重複障害を抱える症例をご提示頂き、心不全に対するリスク管理を図りながら、他疾患(他の障害)に対する積極的なリハビリテーションの進め方について参加者の皆様と共有したいと考えています。

本勉強会を通して最新治療に関する知識をアップデートし、日常の臨床で関わることの多い重複障害への理学療法について学びを深めましょう。

NPO法人FSA 定例勉強会代表
山口 雄介


8月のテーマ
『重症心不全患者に対する心臓リハビリテーション up to date- 症例を通して学ぶ循環器理学療法戦略 -』

<講師からのメッセージ>
心臓移植適応であるStage D(内科的治療抵抗性)の重症心不全に対する治療手段として植込型補助人工心臓(LVAD)が普及しつつあります。本邦において2011年の保険償還後、LVAD患者は増加の一途を辿ると同時に、心臓移植待機日数は長期化している現状です。LVAD装着の目的は心臓移植適応有無に関わらず、社会復帰や良好なQOL獲得であり、心臓リハビリテーションの重要性がより一層増しています。本セミナーではLVAD装着患者を含めた重症心不全患者に対して知っておくべき最新の知見をお伝えし、受講される皆さんと一緒に循環器理学療法戦略について考えていきたいと思います。


 
開催方法 参加費 PT協会ポイント 定員 申込期限
Webセミナー
(Zoomを使用)
500円
(クレジット決済または振り込み)
なし 90名
(先着順)
8月20日(金)
 
【連絡・注意事項】
①Webセミナーの開催に伴い、会費のお支払いを「クレジットカード決済」もしくは「口座振込」に変更させて頂きます。詳細は申し込み後にお送りするメールをご覧ください。
②ご参加にはWeb環境が必要となりますので、Webに接続可能な環境でのご参加をお願いします。
③Webの参加に必要なID・パスワードは、参加費のお支払いの確認後、研修会前日までにメールにてお送り致します。
④当会からのメールを確実に受信して頂くために、予めドメインの設定等の解除のうえ、
fsa_reha@yahoo.co.jp
resta_fukuoka@yahoo.co.jp

両方ともにメール受信が可能となるよう設定のうえ、お申込みをお願いします。
⑤一つのお申込みにつき、必ずお一人でのご視聴をお願いします。
⑥当日の視聴者側での問題等(Web環境など)によりご視聴できない場合の返金は出来兼ねますので、予めご了承ください。
⑦Webセミナー画面の録画等はお控え頂きますよう、宜しくお願いします。
ページトップ