FSAの活動

  • HOME
  • FSAの活動
  • FSAの活動一覧
  • 【定例勉強会】リハビリテーションと薬剤 ~薬剤管理から考える治療過程の理解とリハビリテーションへの応用~

【定例勉強会】リハビリテーションと薬剤 ~薬剤管理から考える治療過程の理解とリハビリテーションへの応用~

定例勉強会 2024.07.29(月)

時間:19時30分~21時30分(受付開始19時00分~)

講師: 若菜 理 氏(社会医療法人天神会新古賀病院)


【研修会のテーマ】
リハビリテーションと薬剤
 ~薬剤管理から考える治療過程の理解とリハビリテーションへの応用~

 

【勉強会の概要】
 2024年度の定例勉強会は、年間を通して「病気を診る力・病態を把握する力」を高めるために、検査及び評価に関する知識を深めることを目的としています。
 7月の定例勉強会では、”リハビリテーションと薬剤 ~薬剤管理から考える治療過程の理解とリハビリテーションへの応用~”をテーマに、新古賀病院の若菜 理 先生に講演していただきます。
 理学療法や作業療法のプログラムを立案するにあたり、現在、どのような治療が行われているのか、どの程度まで治療が進行しているのかなどを知ることで、運動負荷の設定の変更や離床活動の推進に自信を持って取り組めるようになると思います。そのためには全身状態の把握に合わせて、どのような薬剤がどの程度の量を使用されているか、また、どのように変更されているのかを解釈することが重要であると思われます。
 リハビリテーション関連職種の方々にとって薬剤に関して学ぶ機会は少ないと思いますので、本勉強会を機に薬剤管理について知り、日々の臨床において安全で効果的なリハビリテーションを提供することに役立てていただけますと幸いです。
是非、多くのご参加をお待ちしております。

 
参加費 定員 開催方法 申込期限
500円
(クレジット決済・振り込み)
90名 webセミナー 7/22(月)
 

<講師からのメッセージ>
 リハビリテーションを行う上で重要な情報の1つに薬剤があります。薬剤の情報というものは、リハビリ養成校では深く勉強する機会が少なく、現場に入ってから勉強する機会も多いと思われます。しかし、医療・介護施設を問わずに担当患者・利用者が服薬している薬剤の情報をもとにリハビリテーションを進めることは重要であり、ある時にはリスク管理にも繋がります。この度の研修会では、薬剤管理とリハビリテーションというテーマをもとに受講される先生方と知識の共有をできればと思います。なお、研修会で作成する資料に関しては当院の薬剤師に監修して頂く予定としております。

 
【連絡・注意事項】
①Webセミナーの開催に伴い、会費のお支払いを「クレジットカード決済」もしくは「口座振込」にさせて頂きます。詳細は申し込み後にお送りするメールをご覧ください。
②ご参加にはWeb環境が必要となりますので、Webに接続可能な環境でのご参加をお願いします。
③Webの参加に必要なID・パスワードは、参加費のお支払いの確認後、研修会前日までにメールにてお送り致します。
④当会からのメールを確実に受信して頂くために、予めドメインの設定等の解除のうえ、両方ともにメール受信が可能となるよう設定のうえ、お申込みをお願いします。
fsa_reha@yahoo.co.jp
resta_fukuoka@yahoo.co.jp

⑤一つのお申込みにつき、必ずお一人でのご視聴をお願いします。
⑥当日の視聴者側での問題(Web環境等)によりご視聴できない場合の返金は出来兼ねますので、予めご了承ください。
⑦Webセミナー画面の録画等はお控え頂きますよう、宜しくお願いします。

【研修会のテーマ】
リハビリテーションと薬剤
 ~薬剤管理から考える治療過程の理解とリハビリテーションへの応用~

 

【勉強会の概要】
 2024年度の定例勉強会は、年間を通して「病気を診る力・病態を把握する力」を高めるために、検査及び評価に関する知識を深めることを目的としています。
 7月の定例勉強会では、”リハビリテーションと薬剤 ~薬剤管理から考える治療過程の理解とリハビリテーションへの応用~”をテーマに、新古賀病院の若菜 理 先生に講演していただきます。
 理学療法や作業療法のプログラムを立案するにあたり、現在、どのような治療が行われているのか、どの程度まで治療が進行しているのかなどを知ることで、運動負荷の設定の変更や離床活動の推進に自信を持って取り組めるようになると思います。そのためには全身状態の把握に合わせて、どのような薬剤がどの程度の量を使用されているか、また、どのように変更されているのかを解釈することが重要であると思われます。
 リハビリテーション関連職種の方々にとって薬剤に関して学ぶ機会は少ないと思いますので、本勉強会を機に薬剤管理について知り、日々の臨床において安全で効果的なリハビリテーションを提供することに役立てていただけますと幸いです。
是非、多くのご参加をお待ちしております。

 
参加費 定員 開催方法 申込期限
500円
(クレジット決済・振り込み)
90名 webセミナー 7/22(月)
 

<講師からのメッセージ>
 リハビリテーションを行う上で重要な情報の1つに薬剤があります。薬剤の情報というものは、リハビリ養成校では深く勉強する機会が少なく、現場に入ってから勉強する機会も多いと思われます。しかし、医療・介護施設を問わずに担当患者・利用者が服薬している薬剤の情報をもとにリハビリテーションを進めることは重要であり、ある時にはリスク管理にも繋がります。この度の研修会では、薬剤管理とリハビリテーションというテーマをもとに受講される先生方と知識の共有をできればと思います。なお、研修会で作成する資料に関しては当院の薬剤師に監修して頂く予定としております。

 
【連絡・注意事項】
①Webセミナーの開催に伴い、会費のお支払いを「クレジットカード決済」もしくは「口座振込」にさせて頂きます。詳細は申し込み後にお送りするメールをご覧ください。
②ご参加にはWeb環境が必要となりますので、Webに接続可能な環境でのご参加をお願いします。
③Webの参加に必要なID・パスワードは、参加費のお支払いの確認後、研修会前日までにメールにてお送り致します。
④当会からのメールを確実に受信して頂くために、予めドメインの設定等の解除のうえ、両方ともにメール受信が可能となるよう設定のうえ、お申込みをお願いします。
fsa_reha@yahoo.co.jp
resta_fukuoka@yahoo.co.jp

⑤一つのお申込みにつき、必ずお一人でのご視聴をお願いします。
⑥当日の視聴者側での問題(Web環境等)によりご視聴できない場合の返金は出来兼ねますので、予めご了承ください。
⑦Webセミナー画面の録画等はお控え頂きますよう、宜しくお願いします。

ページトップ